島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

テクノプロジェクト、松江市のオープンデータを公開する「Matsueオープンデータバンク」開設

2015/09/25 石原佑季子

テクノプロジェクト (松江市) は松江市が保有する公共データを公開するサイトMatsueオープンデータバンクを開設しました。また、「Matsueオープンデータバンク」と同じ環境を自治体向けにクラウドサービスとして提供する「オープンデータカタログサイト構築サービス」の提供を開始しました。

Matsueオープンデータバンクは松江市が保有する世帯数や観光客数などのデータを公開するサイトです。松江市の協力を得てテクノプロジェクトが開設したもので、現在は人口推移や観光入り込み客数など約50種類のデータが公開されています。


Matsueオープンデータバンクのデータ例。観光客数・宿泊客数の推移

また、テクノプロジェクトは「オープンデータカタログサイト構築サービス」も開始しました。自治体向けに松江オープンデータバンクと同じ環境をクラウドサービスとして提供して同様のサイトの構築・運営を支援するもので、料金は年間約50万円からです。

オープンデータとは地理や統計情報など国や自治体などが保有するデータがXMLやCSVなどコンピュータで利用しやすい形式で、かつ誰もが自由に二次利用できるよう公開されたもので、行政の透明化や経済活性化などを目的としています。例えば、気象庁が公開している過去の気象データもその一つでCSVファイルでダウンロードすることができます。

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧