島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

「第2回Redmineセミナー 〜利用事例紹介とプラグイン入門〜」 10月2日開催

2015/09/18 石原佑季子

山陰ITレーダーは10月2日(金)、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェア「Redmine」の活用を学ぶ「第2回Redmineセミナー 〜利用事例紹介とプラグイン入門〜」を松江市内で開催します。

Redmineはオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアで、タスク管理や進捗管理、情報共有が行えます。今回は3名の講師によるRedmineの利用事例とプラグインの導入・開発についての講演を行います。

書籍「入門Redmine」著書でRedmineの日本語情報サイト「Redmine.JP」の運営も行っているファーエンドテクノロジーの前田剛氏は、顧客からの問い合わせを受付する窓口としてRedmineを利用し、業務効率化とサポートレベル向上を実現した事例を紹介します。

社内のRedmineで管理者をしている中村浩平氏は、部内で利用していたRedmineを全社展開するために行った工夫や導入しているプラグインについて紹介します。

顧客の要望に合わせた独自のRedmineプラグインの開発や既存プラグインの提案などのサービスを行っているマツケイの前田稔氏は、プラグインの見つけ方とその導入方法や開発について発表します。

開催概要

名称 第2回Redmineセミナー 〜利用事例紹介とプラグイン入門〜
日時
会場 松江オープンソースラボ
内容

Redmineによるwebサポート窓口の実装と運用
講師: 前田剛氏 (ファーエンドテクノロジー株式会社)

ファーエンドテクノロジーでは2014年3月、SaaSをご利用のお客様からのお問い合わせをメールからRedmineに切り替えました。これによる改善効果は大きく、省力化・レスポンスタイム短縮・サポートレベル向上などを実感しています。
本講演ではプロジェクト管理・バグ管理にとどまらないRedmineの利用事例としてヘルプデスクシステムとしての活用を取り上げ、そのためのRedmineの設定や運用を紹介します。 


ある工場のRedmine
講師: 中村浩平氏

ある工場でRedmineを全社展開するにあたり、IT技術者ではない従業員に使ってもらうために行った工夫や活用しているプラグインを紹介します。


Redmineプラグイン 導入・開発入門
講師: 前田稔氏 (株式会社マツケイ)

Redmineは、豊富な機能や柔軟な設定によって、プロジェクト管理だけでなくさまざまな用途で利用することができますが、その一方、用途や業務スタイルによっては、標準外の機能や標準機能のカスタマイズが必要となることがあります。これはRedmineにプラグインを追加することで解決することができますが、プラグインの開発は、Redmine自身やプラグイン仕様の知識はもとより、開発言語であるRubyやRuby on Rails等のライブラリのスキルも不可欠であり容易なものではありません。
本講演では、入門編としてOSSプラグインの見つけ方・導入方法とプラグインを開発するとどんなことが実現できるのかをご紹介します。

参加申込 申し込みサイト
参加費 無料
主催者 山陰ITレーダー

関連情報

入門Redmine―オープンソースの課題管理システム 第4版
前田 剛
秀和システム
売り上げランキング: 24,439

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧