島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

島根県、サービス開発を支援する「パートナー型ビジネス創出支援補助金」の募集開始

2015/06/05 石原佑季子

島根県が「平成27年度パートナー型ビジネス創出支援補助金」の募集を開始しました。県内の事業者とIT企業が連携して行う「リーンスタートアップ」手法による新ビジネスの開発を支援します。

補助対象は、①顧客や市場に対して仮説を構築し想定顧客へインタビューを行うことで検証する「聞く検証事業」、②必要最低限の機能を持つサービスを提供しながら市場性を検証することを繰り返してサービス開発を進める「売る検証事業」の2段階。顧客を相手に仮説検証を繰り返しながら開発を進めることで、市場に本当に必要とされるサービスを創出することを目的としています。

補助限度額は「聞く検証事業」が50万円、「売る検証事業」が500万円で、予算額に達するまで随時募集されます。

「リーンスタートアップ」は新しいビジネスを立ち上げる手法の一つで、仮説から実用最小限の試作品を作って提供し、顧客の反応から修正し検証を繰り返すことによって無駄な時間やコストを抑えて成功に近づけることを狙いとしてます。

昨年度までに採択された事業の例

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧