島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

イードが松江市内にwebメディア管理ツールの開発拠点開設を決定

2015/06/18 石原佑季子

ブロードバンド・ニュースサイト「RBB TODAY」や自動車ニュースサイト「レスポンス」などを運営するイード(東京都)が、8月初旬に開発拠点を松江市内に開設します。島根県は同社の事業計画に対して6月11日に立地計画認定書の交付を行い、併せて覚書締結のための調印式が行われました。

松江市北陵町のテクノアークしまね南館に開設する新拠点「松江ブランチ」では、Webメディア管理ツール「iid-CMP」の機能強化開発を行います。従業員3人で操業開始し3年後の2018年7月には9人にまで増員する計画です。イードのプレスリリースによると、島根県と松江市の協力を得て県内の新卒者や島根県へのU・Iターン希望者のエンジニアを積極的に採用するということです。

「iid-CMP」は自社のWebメディアの運用だけではなく、情報サイトの運営を行う企業への提供も行われています。提供事例としては、文具などのニュースサイト「inspi」(運営: コクヨS&T)、海外旅行の情報サイト「タビル」(運営: グルヤク)などがあります。

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧