島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

受託システム開発の現場改善の講演会『「正しいものを正しくつくる」現場を目指そう!!』 6月12日開催

2015/06/08 石原佑季子

Agile Shimane は6月12日(金)、松江市内で『「正しいものを正しくつくる」現場を目指そう!!』を開催します。システム開発会社のギルドワークス(東京都)から代表の市谷聡啓氏ら3名の講師を招き、同社が受託システム開発において取り組んでいること、開発現場の改善などについての講演が行われます。

ギルドワークスは、「正しいものを正しくつくる」をミッションとして、受託システム開発やサービス企画、開発現場のコーチングやエンジニア教育などを行っています。代表の市谷氏はリーンソフトウェア開発手法を解説した書籍『リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営』の翻訳も手がけました。

開催概要

名称 「正しいものを正しくつくる」現場を目指そう!!
日時
会場 松江オープンソースラボ
内容

「正しいものを正しくつくる」ための開発とは?〜顧客開発とアジャイル開発の実践〜
講師: 市谷聡啓氏 (ギルドワークス株式会社 代表取締役)

「正しくつくる」現場をつくる、ギルドワークスの現場改善
講師: 前川博志氏 (ギルドワークス株式会社 ALMエンジニア)

「正しいものを正しくつくる」現場に越境していくための対話
講師: 中村洋氏 (ギルドワークス株式会社 スクラムマスター)

参加申込 申し込みサイト
参加費 無料
主催者 Agile Shimane
リーン開発の現場 カンバンによる大規模プロジェクトの運営
Henrik Kniberg
オーム社
売り上げランキング: 115,396

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧