島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

「Hackathon in Ruby City MATSUE vol.1 〜表彰プランをHackする!〜」 2月7日・8日開催

2015/02/02

Hackathon in Ruby City MATSUE vol.1 〜表彰プランをHackする!〜」が、2月7日(土)・8日(日)の2日間にわたって松江市内で開催されます。

ハッカソン(Hackathon)とは、ハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた造語で、プログラマーやデザイナーらがチームを組んで1日から1週間程度の短期間で集中的にソフトウエア開発などを行うイベントです。

「Hackathon in Ruby City MATSUE vol.1 〜表彰プランをHackする!〜」は、2009年より松江市で開催されている「松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト」で表彰されたビジネスプランを2日間でプログラミングにより具体化し、成果を発表するという内容となっています。

WebデザイナーやRubyでのプログラミング経験のあるプログラマーが対象で定員は20名。 本イベントの主催は「新規事業の創出」「エンジニアのスキルとモチベーションアップ」「各種コミュニティの活性化」を目指す松江市内の有志による団体「Hackathon in Ruby City MATSUE 実行委員会」によるもの。当日のファシリテーターは、ハッカソン運営に実績のある特定非営利活動法人森とIT(岐阜県)の國枝裕介理事長が務める予定です。

開催概要

名称 Hackathon in Ruby City MATSUE vol.1 〜表彰プランをHackする!〜
日時
会場 松江オープンソースラボ
参加資格 ・Rubyでのプログラミング経験のあるプログラマー
・Webデザイナー(プログラミング経験不問)
参加申込 申込サイト
参加費 無料
主催者 Hackathon in Ruby City MATSUE 実行委員会

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧