島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

RubyWorld Conference 2014 講演者・講演タイトル公開

2014/09/29

11月13日・14日に松江市で開催される「RubyWorld Conference 2014」のプログラムが公開されました。

公開されたプログラムによると、まつもとゆきひろ氏(Rubyアソシエーション)とSarah Allen氏(米大統領イノベーションフェロー)による基調講演のほか、国内外の講師による14の講演が行われます。島根県内に本拠を置く企業・団体からも下記の四つの講演が行われます。

<島根県内の企業・団体による講演>

11/13 11:00 まつもとゆきひろ (Rubyアソシエーション)
基調講演-1
11/13 15:20 本多展幸、高尾宏治 (Rubyプログラミング少年団)
『ぼくたち、Rubyプログラミング少年団! ~小学生からはじめるRubyプログラミング~』
11/13 17:00 本田智和 (松江市)、石原航 (テクノプロジェクト)
『Matsue Ruby GW「縁sys (えにしす)」が生み出す「人」と「技術」の縁結び ~松江市と塩尻市、そしてRubyの新たなる挑戦~』
11/14 15:20 安濃佑介 (ネットワーク応用通信研究所)
『Webブラウザで始めるRailsアプリケーション開発』

RubyWorld Conference 2014は11月13日(木)・14日(金)の二日間にわたり松江市のくにびきメッセで開催されます。入場には事前の参加登録が必要で、登録の受け付けは10月31日(金) 17時までRubyWorld Conference 2014の公式サイトで行われています。

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧