島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

RubyWorld Conference 2014 オフィシャルサイトがオープン 基調講演はまつもとゆきひろ氏とSarah Allen氏

2014/06/09

プログラミング言語Rubyの国際会議「RubyWorld Conference 2014」の公式サイトが公開されました。今年の日程は11月13日(木)・14日(金)で、会場は松江市のくにびきメッセ。基調講演はまつもとゆきひろ氏(Rubyアソシエーション)とSarah Allen氏(米大統領イノベーションフェロー)が行います。

公式サイトの公開と同時に、開催費用の一部をまかなう協賛金の募集も始まりました。RubyWorld Conferenceに協賛すると、5千円の入場料が無料となる参加無料PASS(1〜10名分)を受け取れるほか、会場・公式ガイドブック・公式サイトへのロゴ掲載、会場への広報配布物設置などの特典が受けられます。

RubyWorld ConferenceはRubyアソシエーション・島根県・松江市など産学官の団体で構成する開催実行委員会により2009年から開催されていて今年で6回目。昨年は二日間で16名の講演者がRubyのビジネス利用事例・技術情報・教育などの発表を行い、619名(県内:231名、県外:380名、海外:8名)が来場しました。

関連情報

Ruby徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)
角 征典 成瀬 ゆい そらは(福森 匠大) 田中 哲 笹田 耕一 村田 賢太 まつもと ゆきひろ 松田 明 後藤 大輔 浦嶌 啓太 高橋 健一 柴田 博志 近藤 宇智朗 大和田 純 白土 慧 原 悠(yhara) 伊藤 直也
技術評論社
売り上げランキング: 1,154

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧