島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

UI/UXセミナー「ユーザー満足度を高める画面デザイン」2月7日開催

2014/01/20

しまね産業振興財団 は2月7日(金)、松江市内でUI/UXセミナー「ユーザー満足度を高める画面デザイン」を開催します。セミナーでは、感性情報学やソフトコンピューティングが専門で中央大学准教授の飯尾淳氏による講演と、100以上のスマートフォンアプリ開発の実績があり、UXデザインのノウハウを有するフェンリル株式会社によるミニワークショップおよび事例紹介が予定されています。

近年、ソフトウェア開発の分野では、UX(User experience : ユーザーエクスペリエンス)という概念が浸透しつつあります。UXは認知心理学者であるノーマン博士によって提唱された概念であり、博士は次のように定義しています。

「ユーザーエクスペリエンスは会社、およびそのサービスや製品と利用者との間の相互関係のあらゆる側面を含んでいる。典型的なユーザーエクスペリエンスの第一の要件は、混乱や面倒なしに、顧客のニーズを正確に満たすことである。第二の要件は、製品に所有する喜び、使用する喜びをもたらす簡潔さと優雅さである。」

開催概要

日時 2014年2月7日(金) 13:00~17:15
会場 テクノアークしまね 4階 大会議室 (松江市北陵町1番地)
内容 講演「情報システム・ユーザビリティの評価改善手法」
講師: 飯尾淳氏(中央大学文学部准教授)

ミニワークショップ(1)「UXデザインのキホン」
講師: 喜多竜二氏(フェンリル株式会社 UXデザイン部 シニアコンサルタント)

ミニワークショップ(2)「ユーザビリティのキホン」
講師: 喜多竜二氏(フェンリル株式会社 UXデザイン部 シニアコンサルタント)

UXベストプラクティス紹介
講師: 坪内陽佑氏(フェンリル株式会社 UXデザイン部 担当課長)
参加申込 必要 (申込方法)
参加費 無料

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧