島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

OSC2013 .EnterpriseにおけるThinReportsの発表スライド公開

2013/12/17

12月13日に東京で開催された「オープンソースカンファレンス 2013 .Enterprise」におけるセミナー「RubyやRailsで使える国産OSS帳票開発ツール「ThinReports」の紹介と使い方」の資料が公開されました。発表をおこなったのはオープンソースのRuby用帳票開発ツール「ThinReports」のコミュニティ「ThinReports.org」として活動するマツケイの日高克也氏で、資料はThinReportsの紹介、PDFを出力するための初歩的なサンプル、機能紹介、次期バージョンでの新機能紹介、事例紹介などで構成されています。

ThinReportsは開発に着手してから約2年後の2011年10月に初の正式版であるバージョン0.7が公開されました。2012年2月にはRubyによる優れた取組を表彰する「第4回フクオカRuby大賞」で「IT企業の帳票システム開発や、帳票作成業務の効率化に大きく貢献する」と評価され82件の応募の中から大賞に選ばれました。現在はRubyでPDF形式の帳票を出力するためのツールとして業務用システムなどで広く使われています。ThinReportsのオフィシャルサイトでは利用事例が紹介されています。

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧