島根県のIT業界の動向がわかるニュースサイト

島根県がRuby合宿2014春の参加者を募集

2013/12/05

島根県情報産業振興室は12月2日、全国の高校生・大学生などを対象に4泊5日の合宿形式でプログラミング言語Rubyが学べる「Ruby合宿2014春」の参加者募集を開始しました。応募期限は2014年2月3日。

Ruby合宿はIT産業に関心を持つ学生を将来の島根県内企業への就職へつなぐことを目的として2008年度から実施されており、近年は大学生の夏休み・春休みの期間にあわせて年度内に2回開催されています。県内企業への就職に関心を持ってもらうために、県内IT関連企業の経営者・技術者を招いての交流会や企業見学もスケジュールに組み込まれています。

島根県が学生向けに実施するIT人材育成事業は、ほかにも中高生を対象とした「中学生Ruby教室」「高校生Ruby教室」があります。これら二つの事業はプログラミングの楽しさを知ってもらうことでITの仕事の存在を認識してもらうことを目的としています。

開催概要

開催期間 2014年3月3日(月) 〜 3月7日(金)
場所 島根県立青少年の家 (サン・レイク)
定員 30名程度
参加費 7,000円
応募 webサイトから応募
募集期間: 2013年12月2日(月) 〜 2014年2月3日(月)

関連情報

最新記事

全記事一覧 企業・団体別一覧